ブルーロック効果

ブルーロックに使用されている成分を徹底調査

ブルーロックはペニスに塗ることでペニスを増大させる効果が期待できるクリームです。
でも、使う事で副作用などがあるのではないだろうか心配しているあなた

 

という事で今回はブルーロックに配合されている成分を全部調べて
副作用があるのかを徹底的に調べてみました。

 

ブルーロッククリームに使用されている成分

ブルーロックにはどんな副作用はあるの? 危険な成分は使われていない?

アルギニン、ペンチレングリコール、イタドリ根エキス、ヒアルロン酸Na、
フユボダイジュ花エキス、ボタンエキス、イチョウ葉エキス、ショウガ根茎エキス

 

それぞれの成分の効果は以下の通りです。

 

アルギニン : 成長ホルモンの分泌を促してくれる
ペンチレングリコール : 保湿性があり優れた抗菌性がある
イタドリ根エキス : 肌荒れや炎症など様々な肌トラブルに作用する成分が豊富に含まれている
ヒアルロン酸Na : 保湿成分の代表選手
フユボダイジュ花エキス : 血行促進効果、抗菌効果
ボタンエキス : 血行促進効果、抗アレルギー作用
イチョウ葉エキス : 血流改善効果
ショウガ根茎エキス : 血行促進、抗菌作用

 

ブルーロックに使用されている成分をいろいろと調べてみました結果大きな副作用があるような成分は使っていませんでした。
どれも自然界から取れる成分ばかりで科学的に作られたようなものや石油系のものではありませんでした。

 

主な効能として、血行が良くなる成分ばかりでした。
ペニスの増大には血行促進は絶対不可欠なのでこの配合成分には納得できますね。

 

どんな副作用がでる?

今回いろいろ調べてみた結果一番考えられる副作用として一番確率的に高いのは「肌あれ」だと思います。
ブルーロックは直接ペニスにクリームを塗って使用するクリームなのでなにかトラブルが出るとすれば「肌あれ」が一番多いと思います。

 

こればかりは、肌のタイプやその人の体質によるものなのでブルーロックのクリームが合わない人には合わないでしょう。
ですがブルーロックの口コミを調べてもペニスがかぶれた、赤くなったというような評価は1件もないのでなかったのでそれほど心配する必要もないと思います。